WORKS

こんにちは!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


今回は「産後ストレス」について。


妊娠・出産を経て、お疲れ様でした(^^)


とはいかないのが現実です(;^ω^)


赤ちゃんが生まれてきてくれた喜びは束の間・・・


初産であればなおさらですが、子育て・家事と


毎日エンドレスで始まります。


楽しみながら、周りにサポートしてくれる人がいればまだ良いかもしれませんが


ワンオペなんていうのも当たり前になっていますね( ̄▽ ̄;)


産後ストレスとは・・・


ホルモンバランスが変化するため気分の浮き沈みが激しくなります。


そこに、慢性的な睡眠不足・・・


慣れないオムツ交換や授乳や抱っこ・・・


教科書通りにはいかない育児・・・


外出も簡単にできない・・・


などなど。挙げていくときりがないくらいです(;^ω^)


ストレスが溜まると


脂肪が蓄えられやすいホルモンが分泌されるため太りやすくなる


鬱になりやすい


などの症状が出やすくなります。


当院に来られるかたでも


産後骨盤矯正を受けている間、保育士がお子さんをお預かりしますので


1人の時間がとれないストレスを


少しでも軽減できる時間だと言われる方が多いです(^^)


可愛くて愛おしい赤ちゃんでも


お母さんがしんどい状況が続いてしまうとそうもいかない場合があります。


体のケアをしながら自分の体と向き合い


少しでも自分の時間を確保していく事がよい子育てに繋がると思います(^^)


こんにちは!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


本日も産後骨盤矯正に通われている方の


お子さんをお預かりしています(^^)


可愛い6歳の女の子が来てくれています♪


保育士と一緒になって真剣に積み木を楽しんでおります♪


落としたらダメだよ~☆


見て見て~☆ここまで出来た♪


と、楽しく遊んでくれました(^^)


お子さんの笑顔は保育士にとっても栄養剤です♪


新生児から中学生までお子さんをお預かりしています(^^)



こんにちは!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


産後骨盤矯正を受けられた方の喜びの声を頂きました♪

高槻市在住30代女性


元々運動機能が高かったこの方も


出産してから骨盤の歪み・筋力の低下などで


腰痛もひどかったそうで、


出来ていたことが出来なくなっていたそうです(;'∀')


3か月産後骨盤矯正を受けられて


いまでは筋トレもできるように♪


痛みが酷かった腰痛も改善されたそうです(^^)


治療中は保育士がお子さんをお預かりしますので


自分の時間としても有効に使えたそうで何よりです(^^)


今後もケアをしっかりさせて頂きます♪


こんにちは!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


今回は切迫早産になった場合のお母さんの身体の状態についてお話します。


何らかの要因で妊娠22週~37週未満での出産になった場合を切迫早産といいます。


こういった場合、まずお医者さんに「絶対安静に」


と言われることがほとんどだと思います。


最低限の行動しか許されないなか、お母さんの身体はどんどん変化します。


それに気づくのが出産後。


身体が動けない。とにかくしんどい(-_-;)


思っている以上に体力(筋力)の低下に驚く方が多いです(;´∀`)


筋力が落ちて、それが脂肪に代わってしまいお腹もぶよぶよとした・・・


家事1つするのに、あちこち痛みが伴い、思うように身体が動かない。


と、違和感だらけです。


産後の骨盤が安定しないうえに、支える筋肉自体が弱ってしまう。


そんな状態で歩くのもやっと・・・と言いながら来院される方もおられます。


このように切迫早産の方は、


普通分娩での出産の方より身体へのダメージが大きいことがわかります。


ですので、産後骨盤矯正でしっかり骨盤を整えて動きやすい体、


骨盤・筋肉を正常に働かせやすいようにしていきましょう♪

1ヵ月で-3,6キロの減量に成功♪


出産の度に体重が増えていき


食事は、炭水化物祭り・・・(;'∀')


どうにもこうにもならない・・・


子どもたちの卒業式・入学式に間に合わせるためにも


という想いでこちらに来られました。


1か月という期間でしたが、


アドバイスをしっかり聞かれて-3.6キロ減量に成功されました♪


食事の見直しもできたことにより


何を食べて良いかも分かるようになったそうです(^^)


今後もリバウンドのないようにサポートしていきます♪



こんにちは!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


出産後のお母さんのお悩みは沢山ありますよね(^^;)


1人として同じ人はいないので悩みもそれぞれです。


骨盤周りが気になる・痛い


体重が戻らない・・・


膝が痛いのはなぜ?


腱鞘炎みたいになってる?


え?これって尿漏れ?


毛の抜け方が純情じゃない(>_<)


肌がかさかさする・・・


イライラして、子供にあたってしまう・・・


原因がわからない。私が〇〇だからこうなるんだ・・・


など、自分を責めてしまう人も(;´Д`)


私だけだろうか・・・と一人で悩んでおられる方は多いです。


出産後の影響かどうかもわからないという方はまずはご相談にお越しください(^^)

こんにちは!

高槻てんじんまち整体院です(^^)


本日は基礎代謝についてお話します♪


産後、体重が戻らない・・・と悩まれている方は多いです。


これには大きく基礎代謝が関係しています。


基礎代謝とは


私たちが生命を維持する為に消費する必要最小限のエネルギーのことです。


簡単にいうと何もしなくても消費されるエネルギーのことです。


産後は、この基礎代謝が下がりやすくなります。


その理由として


妊娠中や産後は、出産のダメージや運動をする事が減り


筋肉量が通常よりも落ちることがほとんどになり、


産後は骨盤にダメージが残っていたり、歪みや開きがあると


血流が悪くなり、身体の血液循環が悪くなり基礎代謝が下がってしまいます( ̄▽ ̄;)


基礎代謝をあげるためにも、骨盤の矯正をして


骨盤を元の正常な位置に戻してあげる必要があります。


骨盤が正しい位置にあると、筋肉や内臓も正常な働きをします。


そうすることで、血液の流れが良くなり、代謝も上がります♪


体重が戻らない、冷えがある、むくみがある、体型が変わってしまった


と思ったら代謝が悪くなってる可能性があるので


是非ご相談ください(^^)


こんにちは!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


もうすぐ春の季節ですね♪


皆さん春と秋は「ぎっくり腰」の季節だというのはご存じでしょうか?


原因としては、『仙腸関節(骨盤の後ろにある関節)の動揺性」と


「自律神経の乱れ」があげられます。


動かない関節といわれる仙腸関節に、季節の変わり目による温度差によって


緩みが出てしまい、急な動きに対応できなくなったり、


特に産後のお母さんは育児や家事などで


精神的ストレスから自律神経の働きが悪くなってしまい、


筋肉が硬直してしまったりと、身体の内面と外面の両側の不調を招きやすいです。


子供の身体は柔軟性があり、急激な動きにも耐えられる良い筋肉を備えています。


年配の方は、身体の柔軟性は失われますが、急激な動作を避けるようになります。


柔軟性が少ないながらも、それに気づかずに急激な動きをしている


30代~50代の方にぎっくり腰は発生しやすくなります(;'∀')


柔軟性が失われてしまう一つの要因として「骨盤の歪み」があります。


産後のお母さんは、お子さんを抱き上げる時や、抱っこから降ろそうとするとき、


オムツ替えの時など様々な場面で腰に負担がかかりやすい状態です。


膝から曲げるなどして中腰を避けたり、急な動きを避けて


出来るだけお腹に力を入れてゆっくり動くことを心掛けてください(^^)



こんにちは(^^)


高槻てんじんまち整体院です!


今回は「恥骨結合」についてお話していきます^^


出産後に、力をこめたり、踏んばると恥骨の痛みがひどくなったり


恥骨痛の痛みが残る、生理痛が酷くなるといた症状はございませんか?




↑こちらの真ん中の左右の骨盤がくっついている部分をいいます。


真ん中に靭帯があり、これが左右の骨盤を繋いでくれています(^^)


「関節」ではありますが、ほとんど動かずしっかりと留まっている部分です(^^)


ほとんど動かない恥骨結合部分ですが


唯一、出産の時に、赤ちゃんが産道を通るために、少し離れます。


「恥骨結合離開」は


この恥骨にかかるダメージが大きすぎて


真ん中の部分でパかっと開いたままになっている状態をいいます。


この状態だと、痛みがひどい場合は歩く事や、立つことも困難になる場合も・・・( ̄▽ ̄;)


放っておくと、次回の妊娠・出産の痛みが強く出てしまうなどの危険性が考えられます(>_<)


当院は、そういった場合でも施術を受けられるよう、


産後の方専用の恥骨矯正施術も取り入れておりますので


ひどくなる前に是非ご相談ください(^^)


出産から数年経過してこられたこの方。


育児が大変で自分のことは二の次、三の次・・・


で、骨盤矯正になかなか通えなかったそうです。


姿勢が悪くなっていることや、尿漏れなどが気になっていたのはもちろん


体重・体脂肪の増加も気になっておられたそうです。


通われるうちに、尿漏れも改善され、体重・体脂肪率も減り


喜びの声を頂きました♪


産後から時間が経過したからといってもう矯正は無理・・・


と思われている方も是非ご相談ください(^^)




その他関連サイト

公式ホームページ

https://takatsukishi-kotsuban-diet.com/

いこーよネット

https://iko-yo.net/facilities/160166

PRツリー

https://prtree.jp/takatsukiseitai

Facebook

https://www.facebook.com/takatsukitenjinseitai

インスタグラム

https://www.instagram.com/takatsukiseitai/

アメブロ

https://ameblo.jp/takatsukiseitai/

お店自慢

https://www.omisejiman.net/takatsukiseitai/

はてなブログ

https://profile.hatena.ne.jp/takatsukiseitai/

https://takatsukiseitai.hatenablog.com/

こんにちは!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


産後1年以上経過しているけれど産後骨盤矯正は受けられますか?


という質問を受ける事がよくあります。


まずは、出産後の骨盤の状態について説明します。



☆出産後すぐ(1ヵ月以前)


産後1ヵ月以内は、赤ちゃんを出産するための骨盤が大きく開きグラグラした状態にあります。


ただし、骨盤の安定感がないため矯正をするには少し早い時期にあります。


☆出産後3か月


出産後3か月の骨盤は、ホルモンなどの影響で骨盤を繋げている靭帯が緩くなっていて


骨盤はまだ開いた状態になっていますが、


だんだんと骨盤が閉まっていく段階に入っていきます。


この時期に正しい位置に戻るように矯正をしていくと、綺麗に戻りやすい傾向にあります。


☆出産後6カ月


出産後6カ月の骨盤は、3か月の骨盤と比べると骨盤が硬くなっている状態になります。


また靭帯も緩みがなくなっていき、徐々に固くなっていく段階でもあります。


そのため1日でも早い骨盤矯正を受けられることが必要です。


そして、今回のテーマである出産後1年を越えた骨盤について。


個人差もありますが、骨盤がしまっている状態にあります。


一見、しまっているのなら良いのでは?と思われるかもしれませんが


「どのようにしまっているか」が重要になってきます。


綺麗に正しい位置でしまっているなら良いのですが


多くの方が、骨盤がずれてしまったままの状態で留まっているんです(;'∀')


その場合、骨盤周辺の痛み・違和感・様々な不調・体重が戻らない・体型が変化したまま


などのお悩みがでてきます。


ですので、産後1年以上経過してるからもうだめかなぁ・・・と思っている方でも


当院では、しっかり検査をした上で矯正を行っていきますのでご安心ください♪


こんにちは!!


高槻てんじんまち整体院です(^^)


今日はよく聞かれる質問の中で


「お腹のたるみは元に戻るんですかね?」という内容についてお話していきます♪


出産してからお腹のたるみが変わらない。


体重は戻ったのに、お腹だけが気になる・・・という方は多いと思います。


お腹のたるみは、産後1~2か月程度であれば、「子宮の戻り」で改善されること


もありますが、それ以降に戻っていないたるみとなると


妊娠中にお腹が大きくなったために皮膚も筋肉も


引き伸ばされっぱなしの状態であることが考えられます。


ではどうすれば???


①骨盤を整えて皮膚にかかる負担を少なくすること


骨盤の歪みからくる内臓への負担、筋肉が伸ばされた状態・縮んだ状態、


姿勢の悪さで影響する負荷を少なくすることが大切です。


ガードルなどを使用し、皮膚が垂れないようにサポートすることも◎です(^^)


②筋肉を良い状態に保つこと


簡単に言うと筋トレです♪(骨盤周り・お腹周り)


これは、ある程度骨盤が整って、身体への負荷が軽減されてから行うのが◎です(^^)

(当院では筋肉トレーニングを指導しております)


血液循環を良くすることで不要な物質などが流されやすくなりますので、


むくみなども解消されやすくなります。


どちらにしても、土台となる骨盤を元の位置に戻して


正常な働きができるようにするのが必要不可欠です(^^)


お腹のたるみが気になるかたも是非ご相談ください♪


Facebook

Twitter

Instagram